skip to Main Content
info@japanworldlink.jp

他社とどう違うの?

  • 海外有名企業の CM で活躍するプロの声優による品質の高い音声ガイダンスをつくります。
  • 外国人旅行者の目線の英語原稿を作ります。
  • WEB上でも聴ける音声ガイダンスページを製作します。

プロのコピーライターや海外の声優を使い、外国人観光客の目線で、聞きやすい使いやすいわかりやすい音声ガイダンスを作成します。

↑ 別ページで開きます

↑ 別ページで開きます

↑ 別ページで開きます

当社ならではのサービスの 特徴

事例・ケーススタディー

【渡邊佐平商店様】

外国人向け英語音声ガイダンスの制作

英語が話せるスタッフがいないとインバウンド客を受け入れられないという課題を解消するため、QRコードを使って聴ける英語の音声ガイダンス(見学ツール)を製作した。
ジャパン・ワールド・リンクのブログ プロフィール画像 宮地アンガス

Angus Miyaji

"

なぜこのサービスを始めたか?

なぜこのサービスを始めたか?

このサービスを始めた理由は2つあります。

一つ目は、せっかく良い観光コンテンツがあるのに言語の問題でインバウンド誘客が積極的に行えない観光事業者が多いと気がついたことでした。

英語ができるスタッフがいないと外国人の受け入れができないのはもったいない。なんとか、この状況を変えたいと思い、考えたのがこの英語音声ガイダンスのシステムです。

二つ目の理由は、既存の音声ガイダンスの質の悪さです。

ある観光地の担当者は自分たちの音声ガイダンスを自信を持ってきました。ところが実際に聞いてみるとイントネーションが不自然であったり、重要な単語の発音が間違っていました。さらに音声が長すぎて、一緒に来ていた外国人は途中で聞くのをやめてしまいました。

せっかくお金を出して作ったのに、変な印象を与えたり、長すぎて聞いてくれなかったらもったいない話です。

そこで、英語が話せるスタッフがいなくても外国人観光客を受け入れられることができ、外国人観光客にも使用しやすく、印象の良い音声ガイダンスを作成をすることにしました。

*観光客だけでなく、地元に住む外国人にとっても便利なツールとなりえますので、幅広い用途がございます。

*マンツーマンの指導が必要な「有料体験」には向いていないことがございます。

対象にしている自治体

公共のの資料館・博物館・美術館がある自治体様や、地域の観光事業者のインバウンド受け入れ態勢を高めたい自治体が向いています。これまで長年インバウンドに取り組んでいる自治体でも、これからインバウンドを始められる自治体でもご利用になれます。(なお、弊社は茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県の4県北関東エリアに集中した広域訪日観光に力を入れているため、ご利用は4県の自治体に限らせていただきます。あらかじめご了承ください。)

実施の流れ

①→お客様とのヒアリング(TEL)
②→お客様とのお打ち合わせ (対面, zoom+TELやメール)
③→現地の取材、写真撮影
④→原稿制作
⑤→QRコード月見学マップ(見取り図)の作成
⑥→音声ガイダンスの収録
⑦→音声ファイル納品、ネット上の音声ガイダンスページの制作
⑧→完成

参考価格

原稿制作+音声吹き込み+音声ファイル納品
 50万円〜
音声ファイルの他、見学用ツール&オンライン視聴用ページ付
 100万円〜
(まずはご相談ください)

チームメンバー

宮地アンガス

代表取締役社長

コートニー・シャリッチ

海外メディア部​

飯塚春奈

酒蔵支援部
Back To Top