skip to Main Content
info@japanworldlink.jp

外国メディアにアピール!

海外旅行メディア へのPR事業

他社とどう違うの?

外国人目線で、自治体や観光事業者にとって「本当に役に立つリアルな助言や意見」を提供いたします。

他社にはできない当サービスの 特徴

ケーススタディー

駐在員妻や日本滞在期間の短い外国人を集め、益子町の観光の旅の企画・体験しを行ってから、関係者と2時間のフォーカスグループを実施。旅の計画(旅前)から旅の体験(旅中)まで実施。

Angus Miyaji

"

なぜこのサービスを始めたか?

なぜこのサービスを始めたか?

海外から日本観光が注目されていても、埼玉県を含む北関東4県が海外のメディアに観光情報が掲載されることは非常に少ないのが現状だ

その原因は、この地域内の観光地や自治体、観光施設が海外メディアに向けて継続したPRを行っていないからである。

稀に4県の観光コンテンツが海外メディアに取り上げられると、外国人観光客が増え関係者は喜びますが、しばらく時間が経つとまた前の状態に戻ってしまう。

定期的に海外メディアに掲載されるためには海外メディアに継続したPRを行うことは大切である。しかし、それ行なっている自治体や観光事業者はいなく、「運任せ状態」になっている。海外メディア戦略を行わずに「運任せ」になっているのは、非効率であるうえ、日本国内の他の観光地においていかれる要因になっているのではないか危惧しています。

そこで、弊社では各自治体や観光事業者さんが海外メディアに向けて定期的に積極的なPRができるように「海外メディアへの掲載」が行えるように、


海外メディアやジャーナリスト、インフルエンサーとは継続した関係が大切になりますので、単発にプレスリリースを発信するのではなく、コツコツ関係作りを続けることを心がけています。2-4年で異動がある行政では続けた関係づくりは難しいことも理解しております。

国内のインバウンド誘客事業で最も弱いものが海外メディア向けのPR事業である。



そこで、本当の意味で「自治体や観光事業者の役に立つ外国人目線のコンサルテーション」が行えるように、外国人のモニターツアーをセットのにしたコンサルテーションプランを作りました。

対象にしている自治体

これまで長年インバウンドに取り組んでいる自治体でも、今年からインバウンドを始められる自治体でもご利用になれます。 (弊社は、北関東エリアに集中した広域訪日観光に力を入れているため、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県の4県内の自治体に限らせていただきます。ご了承ください。)

実施の流れ

①→お客様とのヒアリング(TEL)
②→お客様とのお打ち合わせ (対面+TELやメール)
③→モニターツアー&フォーカスグループ
④→フィードバックシート提出(メール)
⑤→お客様への報告(TELor対面)

価格

 0万円〜 

(まずはご相談ください)

チームメンバー

宮地アンガス

代表取締役社長

Molly Dunn

Designer

James Dixon

Designer
Back To Top