skip to Main Content
info@japanworldlink.jp
Airbnbの問題:Airbnbが日本で乗り越えないといけない3つの反動

Airbnbが日本で乗り越えないといけない3つの問題

  • 2016年12月26日
訪日客がこのまま増え続けると、都市部のホテルの満室が続き、値段も高騰。東京・大阪に出張するビジネスパーソンも困ります。そして今後、訪日客に「民泊」を活用してもらわないと泊まる場所がなくなると言われています。ところが、民泊業界を代表するAirbnb社が成長し続けるには日本で乗り越えないといけない3つの問題があるのです。
つづきを読む
民泊は現在進行形。Airbnbの新サービス(Trips)から見えてくる民泊の行き先 ジャパン・ワールド・リンク

民泊はまだ現在進行形!Airbnbの新サービス(Trips)から見えてくる民泊の行き先

  • 2016年12月19日
外国人観光客の受け入れには、民泊が必要だと言われています。同時に、国や自治体レベルで民泊に対するルールを作る動きも活発です。ところが、海外ではAirbnbに始まった民泊トレンドは日進月歩で変わっています。民泊の将来を知るために、日本と欧米の民泊トレンドの違いとAirbnbの新サービスTripsについて取り上げました。
つづきを読む
外国人目線がわかる インバウンドニュース 2016.12月号

外国人目線がわかるインバウンドニュース2016.12月号

  • 2016年12月12日
外国人旅行者数が単年で2,000万人を超え、2016年は1年間で2,450万人になるのではないかと予測されています。海外からの旅行者が増えると自然と旅行客のニーズも広がります。今月の外国人目線 × インバウンドニュース は、ユニークな取り組みをしている外国人観光客向けのサービスや商品を紹介しました。
つづきを読む
日本の地方の風景

世界旅行ツーリズム協議会(WTTC)のCEOから「地方のインバウンド」についてアドバイスをいただきました。

  • 2016年11月21日
高齢化社会が進むと、地方は税金の減収に苦しむが、同時にインバウンドという新たな収入源の獲得チャンスもあります。ところが「インバウンドはどう始めたらよいかわからない」という地方の悩みをよく聞く。そこで、世界旅行ツーリズム協議会(WTTC)のCEOディビッド・スコースィル氏に北関東のインバウンドについて伺いました。
つづきを読む
外国人目線がわかる インバウンドニュース 2016.10月号

外国人目線がわかるインバウンドニュース2016.10月号

  • 2016年10月24日
これからは地方の時代と言われています。その地方を活性化するキーポイントとなるのが、インバウンド。日本人が気づかない地方の魅力の発見のためには外国人目線が必要です。今月のインバウンドニュースは外国人目線、そしてそれに地方もキーワードとして加えました。
つづきを読む
外国人目線がわかる インバウンドニュース 2016.9月号

外国人目線がわかるインバウンドニュース2016.9月号

  • 2016年9月26日
インバウンド客を増やすためのヒントをお探しですか? インバウンド客の誘致で大切といわれる「外国人目線」と「日本文化」をキーワードに、2016年9月のインバウンドニュースを紹介しています。インバウンド客誘致のプラン、また海外への日本の商品の販売戦略の作成にお役立て下さい。
つづきを読む
宿泊施設が今すぐできる3つのこと

訪日観光客 の強い味方になろう! 宿泊施設 が今すぐできる3つのこと

  • 2016年9月19日
2019年世界ラグビー選手権、2020年東京オリンピックを控え、今後も増加傾向の訪日観光客。インバウンド対策と聞くと大変だというイメージを持ってしまうかもしれませんが、外国からのお客様に喜んでもらうためには、少しの時間と工夫、気遣いでも効果的です。そんな簡単にできることを紹介しています。
つづきを読む
Back To Top