skip to Main Content
info@japanworldlink.jp
海外向けSNS発信のための「2016年英語圏SNSトレンド」大分析!

海外向けSNS発信のための「2016年英語圏SNSトレンド」大分析!

海外での存在感を増すためにSNSの利用が増えていますが、効果的な配信をするために最新のトレンドを押さえておくと便利です。

 

海外にモノやサービスを販売したり、海外からの観光客を誘客する場合に、海外での存在感を高める方法としてSNSを利用する方法があります。

SNSを上手に使用しますと、日本にいながら海外の関心をひきつけたり、海外のお客さんと繋がったり、口コミ効果も期待できます。しかし、海外のトレンドを理解していないと努力が無駄になってしまうこともあります。

そこで、今回のブログでは、Social Media Examinar社が毎年発行している「ソーシャルメディア・マーケティング・レポート2016」を参考にしながら、米国、英国、カナダ、オーストラリア、インドなど5, 086人マーケターがどのようにSNSをマーケティングに利用しているのか最新のトレンドを紹介します。自社のサービスや製品を海外に販売したい皆様や、外国人観光客のお客様をもっと誘客したいと考えていらっしゃる企業や自治体の皆様、ぜひ今後のSNS運用のヒントにしてみてください。

 

*「ソーシャルメディア・マーケティング・レポート2016」(全文56ページ- 英語)はこちらのページ(外部サイト)から無料でダウンロードすることもできます。

2016年のトレンド -5つのポイント-

    1. 動画は必須になりつつある!

      60%が動画をSNSを使ったマーケティングに使用している。

      73%が今後SNSを使ったマーケティングもっと動画を使用する予定。

    2. ライブ動画配信(ライブストリーミング)が熱い!

      半数がライブ動画配信を今後利用する予定。

    3. FacebookとYouTubeのマーケティング活用が増えている

      63%が今後もっと利用する予定。

    4. Facebookは、最も重要なSNSはツール

      55%がFacebookを最も重要視しているSNSメディアであると回答。

    5. 広告媒体としてもフェイスブックが一番人気!

      86%がfacebook広告を利用している。

SNSへの力の入れ方

ソーシャルメディアの利用

90%にとってソーシャルメディアが「業務に欠かせない」と回答。また、全体のマーケティング活動にソーシャルメディアを含んでいる会社は81%。SNSを使ったマーケティングが容易ではないと感じているのは40%。

ソーシャルメディア発信に使っている時間

ブログなどを含めたソーシャルメディアの発信に費やしている時間は、19%が週20時間以上、39%が週11時間以上、63%が週6時間以上

B2C (消費者向け)とB2B (法人向け)のSNSマーケティングの違い

B2B(法人向け営業)B2C(消費者向け営業)というビジネス形態の違いによっても、重視されているSNSサービスが異なる。B2Bの場合には、最も重要なSNSがLinkedIn(40%)であると答える人が一番多い一方、B2Cの場合Facebook(66%)が一番多い。海外の法人をターゲットにする場合には、日本ではあまり使われていないLinkedInを検討してみる必要がありそうだ。

有料広告媒体としてのSNS

広告媒体としてSNSを頻繁に使用する企業も増えてきているが、Facebook広告を使っていると回答したマーケターが87%いるのに対し、Google 広告は39%、Twitter広告は18%、LinkedIn広告は17%、Pinterest広告は15%、インスタグラム広告は12%、YouTube広告は12%とFacebookが他の媒体を大きく引き離している。

今後の戦略トレンドは?

今後SNSやソーシャルメディアでもっと利用したいコンテンツについては、73%が動画、71%が画像・イラストなどのビジュアル、66%がブログ、39%がライブ動画配信(ライブストリーミング)、26%がポッドキャストである。

まとめ

海外に向けてSNSを使ったマーケティングや広報活動を行う際には、ターゲット層の決定や頻度や使用する時間を決めることも重要ですが、現在のトレンドを知っておくとフォロアーに好まれるコンテンツが配信でき、ファンを増やすことができます。

2016年はFacebookが動画にますます集中すると発表し、Facebook Liveなどのツールが新しく加わりました。個人的には動画・ライブ動画配信の流れは今後もますます強くなるのではないかという気がしております。

なお、今回ご紹介しているレポートについてさらに詳しく知りたい方は、Social Media Examinar社のサイトから無料の「ソーシャルメディア・マーケティング・レポート2016」(原書56ページ- 英語)をダウンロードしてみてはいかがでしょうか。(また、同じ会社からソーシャルメディアに関する無料の英語ポッドキャストも毎週配信されていますので、ご興味があればぜひ視聴してみてください。)

ブログ作成者:宮地アンガス

ジャパン・ワールド・リンク代表。栃木県の田舎町育ち。現在英国・ロンドンを拠点として「海外と日本を繋ぐ!」をモットーに、日本・北関東のインバウンド及び海外進出を支援中。

毎週月曜日に希望者全員に無料メルマガを発行(詳細はこちら)。

This Post Has 2 Comments
  1. […] 本日のブログでは、ライブ動画配信を始めるメリットとFacebookライブ・Periscopeについて書きました。以前のブログ「2016年英語圏SNSトレンド大分析!」でも触れましたが、2017年はライブ動画配信の閲覧がますます増えると予想されていますので、海外に向けた宣伝にとって重要なツールとなります。 […]

Comments are closed.

Back To Top