skip to Main Content
info@japanworldlink.jp

ビジット・ジャパン・キャンペーン(Visit JAPAN Campaign)

ビジット・ジャパン・キャンペーン

ビジット・ジャパン・キャンペーン(Visit JAPAN Campaign | VJキャンペーン)とは民官が協力し行っている、訪日外国人旅行者に向けた様々な観光促進活動のことをいいます。

2003年に「2010年に訪日外国人を1,000万人」と観光立国を宣言し、国土交通大臣を中心とするキャンペーンが「YOKOSO!  JAPAN」のスローガンとともに開始。地方の人口減少や経済力低下などにより低迷が続く日本国内の消費を喚起し、新たな消費を生み出す成長戦略の一環として行われています。

キャンペーンを開始した2003年は521万人だったのが、リーマン・ショックや東日本大震災の影響で落ち込みにより、3年遅れで当初目標だった1,000万人を達成しました。そして円安による訪日外国人旅行者数が急増、2016年には初めて2,000万人を突破しました。とはいえ、2016年5月時点で日本の外国人旅行者受入数ランキングは世界16位、アジアで5位で、世界との差は未だに大きいです。このため、査証発給の規制緩和、国・地域ごとのマーケティング、誘客先の分散、広域誘致策づくり、メディカルツーリズムグリーンツーリズムMICEなどの振興、訪日観光のインフラ整備、海外見本市での広報などが必要とされています。

今後の訪日外国人旅行者数の伸びしろは、より地方に期待されていると言っても過言ではなく、それは北関東においても同じです。

Back To Top