skip to Main Content
info@japanworldlink.jp

昇龍道(ドラゴンルート)

昇龍道(ドラゴンルート)は能登半島を龍の頭として南北の縦軸を龍の体をイメージして命名された2015年に観光庁が認定した広域観光周遊ルートのひとつ。富山県・石川県・福井県・長野県・岐阜県・静岡県・愛知県・三重県・滋賀県の9県が含まれており、訪日外国人の観光誘致プロジェクトを共同で進めています。

このルートには静岡県・富士山富山県・立山黒部アルペンルート三重県・伊勢神宮滋賀県・長浜長野県・松本城岐阜県・白川郷飛騨高山福井県・東尋坊、愛知県・名古屋城などの日本を代表するパワースポットや観光地が点在しています。また自然や清らかな水に恵まれ育まれてきた食べ物・銘酒、戦国時代が作った歴史ある街並み、伝承されて続けてきた伝統あるものづくりなどの魅力も充実しています。

昇龍道9に滞在する外国人宿泊数は、2015年に比べ2016年は2.8%伸びており、着実に知名度を上げ、その数は延べ「725万人」を記録しています。特に岐阜県の伸びは著しく、外国人宿泊者数の伸び率は+7.2%となっています。(観光庁「宿泊旅行者統計調査」2016年11月第2次速報による)

また北陸新幹線の開通などの交通インフラ整備なども追い風となり、ゴールデンルートで日本の魅力を楽しんだ訪日外国人が、もっとディープな日本を体験しようと、2回目の訪日の際に選ぶ傾向があります。

Back To Top