skip to Main Content
info@japanworldlink.jp
2018年、北関東圏のインバウンド ステップアップ宣言!ジャパン・ワールド・リンクからの「10の提言」

2018年、北関東圏インバウンドステップアップ宣言!ジャパン・ワールド・リンクからの「10の提言」

  • 2018年1月9日
訪日客(インバウンド観光客)が順調に増えますと、2020年に4,000万人という政府目標に達することが可能になりそうです。しかし、観光データを深掘りしますと、地域によって「インバウンド観光格差」が生じていることも分かってきております。北関東圏は、この「インバウンド観光格差」の原因である伸び悩む地域のひとつなのです。そこで、「北関東圏のインバウンドをステップアップするために必要な10の提言」を考案しましたので、ご興味がございましたらお読みになってみてください。
つづきを読む
「インバウンド誘客のためにデジタルツールが重要になってきている?」2017年のランキングと2018年の抱負

2017年のランキングと2018年の抱負

  • 2018年1月1日
2017年を振り返ると、どのような弊社ブログ記事が人気あったのでしょうか?2018年は、デジタルツールを活用した日本発の海外プロモーションが大きく増える?2018年の最初のブログは、2017年のインバウンドブログのアクセスランキングと来年の予想・抱負をまとめました。
つづきを読む
「 オーバーツーリズム 」とは? インバウンド観光客が増えすぎたときの課題と対策

インバウンド観光客が少なくても、今のうちに知っておきたい「オーバーツーリズム」とは?

  • 2017年12月11日
海外では今「オーバーツーリズム」が問題になっています。今後インバウンド観光客が増えると、日本でも「オーバーツーリズム」の課題に向き合う必要が出てきます。インバウンド観光客がまだ少なくても、「オーバーツーリズム」については知っていたほうが良いので、世界の事例や取り組みについて紹介しました。
つづきを読む
「ブログ」海外旅行者が観光協会の「英語の観光サイト」を閲覧しない理由と、その解決策とは?

海外旅行者が国内の「英語の観光サイト」を閲覧しない理由と、その解決策とは?

  • 2017年9月4日
国内で作成された「英語の観光サイト」は海外旅行者に閲覧されているのでしょうか? 海外からのアクセス数に伸び悩んでいる英語観光サイトをどのように改善したらよいのでしょうか? 国内のDMOや観光協会の英語観光サイトがインバウンド客に閲覧されない理由と、その解決策をご紹介します。
つづきを読む
インバウンド観光業界まとめニュース 全国 & 北関東 2017年7月  | ジャパン・ワールド・リンク

「インバウンド観光業界」まとめニュース (2017年7月号)

  • 2017年7月24日
「インバウンド観光業界ニュース」 7月号。日本政府観光局(JNTO)による、2017年6月の訪日外客数の速報(推定値)の他、宿泊、飲食、交通、言語対応などカテゴリー別に直近1月の「インバウンド観光業界ニュース」や、栃木・群馬・茨城・埼玉(北関東)の「インバウンド関連トピック」をまとめました。
つづきを読む
訪日外国人観光客を惹きつけるためのハッシュタグ戦略

インスタグラムを使って訪日外国人観光客を惹きつけるための#ハッシュタグ戦術!

  • 2017年5月1日
インバウンド観光に関わる自治体・旅行会社・宿泊施設・DMOなど、訪日外国人観光客を誘客したい皆さまにとって、インスタグラムは「非常に便利なPRツール」です。外国人観光客もインスタグラムの「ハッシュタグ」を使うことが多いので、インスタグラムのハッシュタグを使って訪日外国人観光客を惹きつける戦術をご紹介します。
つづきを読む
訪日客を増やすためのインバウンド対策-ペルソナ作成

訪日客へのインバウンド対策を練るまえに考えるべきこととは? ー ペルソナ作成のすすめ ー

  • 2017年4月17日
訪日客を増やすためのインバウンド対策を練るまえに、まず考えるべきなのは「誰に来てほしいのか」ということです。ターゲット層を決めるだけでは、訪日客の「気持ち」「ニーズ」を読みとることは困難ですので、「誰に来てほしいのか」を明文化した「ペルソナ」の作成をおすすめします。誰でも使える無料テンプレートもご用意しましたので、ぜひ訪日客向けペルソナを作成してみてください。
つづきを読む
自社の商品や観光地を海外に売りこむためにインスタグラムが便利な理由

自社の商品や観光地を海外に売りこむためにインスタグラムが便利な11の理由

  • 2017年4月10日
「海外の人に日本の良さをもっと売りこみたい!」という想いを持っている方に、インスタグラム(インスタ)が便利な11の理由をご紹介します。英語力に自信がなくても利用しやすい、消費が盛んなユーザーが多いなどメリットが多いため「世界に向けて日本の観光地を紹介したい自治体」「自社商品やサービスを海外にPRしたい企業」が利用しやすいSNSなのです。
つづきを読む
Back To Top