skip to Main Content
info@japanworldlink.jp

スポーツツーリズム

スポーツツーリズムは魅力あるスポーツ資源を通して、各地域の豊富な観光資源と「観る」「する」「支える」スポーツを融合させた観光のことを指す。訪日外国人とその地域の人々のスポーツ交流、インバウンド拡大の推進している。

2013年に東京オリンピック・パラリンピック(2020年)の招致に成功後、2015年新たにスポーツ庁が設置され、2020年には4000万人もの訪日外国人の誘致増加を国をあげて目指している。さらにメガスポーツの開催国としてラグビーワールドカップ(2019年)、関西ワールドマスターズゲームス2021年)と国際的なスポーツイベントが多く計画されており、今後益々のスポーツツリーズムの拡大が期待できる。

北関東は、市規模でさいたまスポーツコミッション(さいたま市)、前橋スポーツコミッション(前橋市)ではスポーツツーリズム推進組織の設立が活動を後押ししている。また佐野市の日本クリケット協会では「クリケットのまち佐野」として、地域連携した活動により市のブランドとして認められるなど、少しずつ増えてきている。

Back To Top