skip to Main Content
info@japanworldlink.jp

ハラール(ハラル)

ハラール(ハラル)とは、イスラム法において合法的で、イスラム教の教えに沿って、口することを許された食材や料理のことを指します。反対に非合法で口にすることを禁じられているものをハラームといい、中にはハラールの反対ということでノンハラールという人もいます。

イスラム教では豚肉やアルコールの飲食が禁じられていることで知られていますが、食材だけでなく調味料や出汁なども、イスラム教の作法に反して処理されているものが入っていないか注意する必要があります。

ハラールは日本人にとってなかなか馴染みがなかったものですが、最近の訪日観光客の増加にともない注目されています。ハラール処理された食品は、イスラム教徒の人だけが食べれるものではなく、誰でも食べることができます。栃木県佐野市の日光軒」には地元の人から愛されていた佐野ラーメンをいち早くハラール化し、今や世界中から訪れる多くのムスリム観光客からも親しまれています

またハラールとは食だけでなく、イスラム教徒が神に従って生活しているライフスライル全体の考え方でもあります。弊社ブログ「知らなくて大丈夫?ハラール対応で重要なこととは?」でも紹介したとおり、ムスリム観光客を迎え入れる場合はキブラコンパスや礼拝マットを用意したり、礼拝スペースを設けるなど、ムスリム対応のポイントを押さえておくことが重要です。

観光庁でも飲食店や宿泊施設など向け、ムスリム観光客が快適に日本に滞在できるように「ムスリムおもてなしガイドブック」を発行されているので、利用してみてはいかがでしょうか。

Back To Top