skip to Main Content
info@japanworldlink.jp

イースター(復活祭)

イースター(復活祭)とは、イエス・キリストが十字架にかけられ亡くなった3日後に復活したことを祝うキリスト教の祝日です。

日本で伝統的な休暇といえばお盆と正月ですが、欧米ではクリスマスとイースター。国によって異なりますが、欧米ではこの復活の日曜日・イースターを中心に何日か休日が設けられ、イースター休暇となっています。

年末年始休暇のように、家族と過ごすため故郷に帰ったり、休暇を利用して旅行に出かけたりなどして過ごします。この時期、日本では季節柄桜を楽しみに訪問する外国人の方々も多く、学校の休暇と重なるため、ファミリーでの旅行客も目立ちます。

ただ、イースターは毎年変わる移動祝日で、春分日以降の最初の満月の日の次の日曜日とされているため、毎年3月下旬から4月下旬までの間で変わります。下の「参考になるサイト」で紹介しているサイト等で、事前に日程をチェックし、訪日外国人の移動や消費も増える時期に備えましょう。

Back To Top