skip to Main Content
info@japanworldlink.jp
北関東にヒント!?気になる「インバウンド観光」ニュース (2018年7月号)

北関東にヒント!?気になる「インバウンド観光」ニュース (2018年7月号)

日本の夏といえば、花火!

日本全国で多くの花火のイベントが開催されておりますが、北関東も素敵な花火スポットです。

北関東の花火も外国人観光客にぜひPRしたいインバウンド観光コンテンツだと思います。

さて、今月も栃木県、群馬県、茨城県、埼玉県の外国人宿泊客数や、世界や国内の「インバウンド観光ニュース」をまとめました。ぜひお役立てください。

(宮地アンガス)

北関東圏のインバウンド最新データ

観光庁の最新データを分析しましたところ、4月の外国人宿泊数は群馬県、栃木県、埼玉県、茨城県の順番でした。

前年比では、4県の中では「茨城県」が一番伸び率が大きく、13.37%と伸びを見せました。また、「栃木県」が前年比1.91%の微増でしたが、「群馬県」が前年比-6.79%、「埼玉県」は前年比-6.20%と低迷しました。

4県全体では前年比-1.25%と低迷し、全国の地方部の平均14.20%を大きく下回ったのが残念です。また、先月に引き続き、「埼玉県」の外国人宿泊者数が3ヶ月連続で前年比を割っているのが気になります。

北関東圏の最新インバウンド数(2018年4月分)

(観光庁 宿泊旅行統計調査より)

単月の全国順位県名延べ宿泊者数前年比
29位群馬県39,800泊人6.79%減
32位栃木県31,510泊人1.91%増
36位埼玉県25,700泊人6.20%減
38位茨城県21,280泊人13.37%増
地域延べ宿泊者数前年比
北関東圏4県118,290泊人1.25%減
全国の地方部合計3,334,920泊人14.20%増
全国8,295,570泊人5.51%増

『北関東 x インバウンド』ニュース

群馬県のインバウンドニュース

県や山間自治体が熱視線 取り込め訪日登山客 
(2018.07.14上毛新聞 )

栃木県のインバウンドニュース

とち介パリへ!世界最大規模の日本文化の祭典で栃木市をPR。
( 2018.07.08 下野新聞 )

埼玉県のインバウンドニュース

小江戸川越の街情報は、スマホアプリでも多言語対応
(2018.07.03 朝日新聞)

茨城県のインバウンドニュース

茨城県内、台湾客が中国に次ぐ2位。茨城空港便が追い風。 
(2018.06.18 茨城新聞)

海外や全国からインバウンドのヒントを見つけよう!

世界のインバウンド潮流

今月のキーワード #Vegan Tourism
~ビーガン(菜食主義)のための旅行~

世界的ビーガン観光国を目指すインドネシア:Tempo.co

世界一のビーガン旅行地はイスラエル?:

増え続けるビーガン向け旅行商品:Salon

ビーガントラベルガイド(日本):Vegan Travel

日本を旅行するビーガン旅行者に12のヒント:VOYAPON

初めて日本を旅行するビーガンが知っておくこと:the nomadic vegan

日本のコンビニで買えるビーガン食料品:Live Japan

国内のインバウンドニュース

『自然 x インバウンド』

27万人、日光国立公園利用の外国人過去最多
(2018.06.22 下野新聞)

『宿泊業界 x インバウンド』

西日本豪雨、被害少ない観光地でもキャンセル続出
(2018.07.18 訪日ビジネスアイ)

『飲食業界 x インバウンド』

ぐるなび、飲食店の外国人客対応をサポート
(2018.06.21 トラベルボイス)

『交通業界 x インバウンド』

観光庁が訪日外国人旅行者に対応した交通サービスの向上へ初会合開く。
(2018.06.28 旅行新聞)

『デジタル業界 x インバウンド』

訪日外国人向けキャッシュレス決済と回遊促進の実証実験、京急電鉄が羽田空港など一部施設で。
(2018.07.19 トラベルボイス)

『言語対応 x インバウンド』

多言語タブレット開発 インバウンド客の受け入れに新戦力。
(2018.06.28 河北新報)

『その他 x インバウンド』

日本自動車連盟が「Discover Local Attractions in Japan」をオープン
(2018.07.03 旅行新聞)

全国のインバウンド数

日本政府観光局(JNTO)によりますと、

2018年6月の全国の「訪日外客数」は前年同月比15.3%増の270万5千人で、2017年6月の234万6千人を 35万人以上上回り、6月として過去最高を記録しました。

航空路線の新規就航や増便、チャーター便の就航による航空座席供給量の増加に加え、 継続的に展開している訪日旅行プロモーションなどが訪日客の増加に繋がったと考えられます。

一方、観光庁によると、4月の全国の「外国人延べ宿泊者数」は、5.5%増の微増でしたが、地方部は14.2%と元気でした。(前述しましたように、北関東は、1.25%減で前年を割ってしまいました。)

訪日外客数 (2018年6月)

2017年6月

234万6千人

前年同月比 +15.3%

(JNTO 訪日外客統計)

2018年6月 (推定値)

270万5千人

外国人延べ宿泊者数(2018年4月現在)

2017年4月

786万3千人

前年同月比 +5.5%

(観光庁 宿泊旅行統計調査)

2018年4月 (速報値)

829万6千人

まとめ

先月の「インバウンド観光ニュース」で紹介しましたように、2018年3月の北関東の外国人延べ宿泊者数は、他の地方と同じ程度の伸び率でしたので、ホッとしていました。しかし、今月公表された2018年4月のデータでは、「前年度比マイナス1.25%」という結果となり、全国の地方部平均のプラス14.2%と比べて大きく下回ってしまいました。

次号のブログでは、北関東圏のインバウンド提言「その2」として、外国人観光客の二次交通の課題解消にレンタカーが使えるのではないかという提言をお送りする予定です。レンタカーの活用を充実させ、北関東での外国人延べ宿泊者数と消費額を増やしたいものです。お楽しみに。

当ブログの最新記事は、定期的に弊社のメルマガでもご紹介しております。今後、弊社のブログが更新された際にお知らせを受けたい場合には、ぜひこちらからメルマガにご登録ください。

ブログ作成者:宮地アンガス

ジャパン・ワールド・リンク株式会社 代表。栃木県の田舎町育ち。現在北関東圏を拠点として「世界から北関東へ。北関東から世界へ。」をモットーに、日本・北関東のインバウンド及び海外進出を支援中。

毎週月曜日に希望者全員に無料メルマガを発行(詳細はこちら)していますので、お気軽にご購読ください。

Back To Top