skip to Main Content
info@japanworldlink.jp
CSRに真剣に取り組むべき理由

海外取引を増やしたい企業がCSR(企業の社会的責任)に真剣に取り組むべき理由

  • 2016年11月14日
CSR(企業の社会的責任)という言葉をご存知ですか? 最近、日本でも話題になっている言葉ですが、海外ではCSRに対する意識が高く、海外展開をされる際には日本以上に配慮が必要です。そこで今回は、CSR/サステナビリティの専門家である、サスティナビジョン代表取締役の下田屋毅氏に弊社代表・宮地が「日本企業の世界進出とCSR」というテーマでインタビューを行いました。
つづきを読む
北米との時差

北米(アメリカ&カナダ)との時差が変わりました。- 2017年3月12日まで冬時間のため –

  • 2016年11月6日
アメリカとカナダの北米は2016年11月6日から2017年3月12日の深夜までの間、冬時間 (標準の時間)に戻りました。このため日本と北米との時差は、前日の11月5日までの夏時間に比べて1時間長くなりました。日本と北米各都市の時差を掲載していますので、お電話のお約束やお仕事の締め切りなどにご参照ください。
つづきを読む
スマート英語フレーズ ・その4

海外との交渉・会議で使える3つの スマート英語フレーズ ・その4

  • 2016年10月31日
通じる英語から、こなれた英語にステップアップしたいと思いませんか?学生時代に習った英語は意味は通じても、実際外国人の方とのビジネスの場では好印象の英語とは言えない場合が多いと思います。これまでの英語をワンランクステップアップさせる スマート英語フレーズ の紹介です。
つづきを読む
European Time

ヨーロッパとの時差が変わりました。- 2017年3月25日まで冬時間のため –

  • 2016年10月30日
ヨーロッパ各国は2016年10月30日から2017年3月25日の深夜までの間、冬時間 (標準の時間)に戻りました。このため日本との時差は、前日の10月29日までの夏時間に比べて1時間長くなりました。日本とヨーロッパ各国の時差を掲載していますので、お電話のお約束やお仕事の締め切りなどご注意ください。
つづきを読む
スマート英語フレーズ・その3

海外との交渉・会議で使える3つのスマート英語フレーズ・その3

  • 2016年10月3日
海外との取引では英語は必須。しかし、あまり自信がなくて…という方も多いと思います。そんなときに、これを一言挟むと、英語の印象がぐっとアップするスマート英会話フレーズを紹介しています。例えば、英語で「部屋の中の象」というと、日本語ではどんな意味になるのでしょう?
つづきを読む
スマート英会話フレーズ

海外との交渉・会議で使える3つのスマート英語フレーズ・その2

  • 2016年9月5日
海外とのやりとりに欠かせない英語。少しでも、印象がよくなる スマート英会話フレーズ があればいいのに…と思いませんか?そんな一言挟むと、英語の印象がぐっとスマートになる使えるフレーズを紹介しています。例えば、firstly, secondlyの代わりに使える言葉、ご存知ですか?
つづきを読む
Back To Top