skip to Main Content
info@japanworldlink.jp
インスタグラムを使って訪日外国人観光客を惹きつけるための#ハッシュタグ戦術!

インスタグラムを使って訪日外国人観光客を惹きつけるための#ハッシュタグ戦術!

  • 2017年5月1日
インバウンド観光に関わる自治体・旅行会社・宿泊施設・DMOなど、訪日外国人観光客を誘客したい皆さまにとって、インスタグラムは「非常に便利なPRツール」です。外国人観光客もインスタグラムの「ハッシュタグ」を使うことが多いので、インスタグラムのハッシュタグを使って訪日外国人観光客を惹きつける戦術をご紹介します。
つづきを読む
訪日客へのインバウンド対策を練るまえに考えるべきこととは? ー ペルソナ作成のすすめ ー

訪日客へのインバウンド対策を練るまえに考えるべきこととは? ー ペルソナ作成のすすめ ー

  • 2017年4月17日
訪日客を増やすためのインバウンド対策を練るまえに、まず考えるべきなのは「誰に来てほしいのか」ということです。ターゲット層を決めるだけでは、訪日客の「気持ち」「ニーズ」を読みとることは困難ですので、「誰に来てほしいのか」を明文化した「ペルソナ」の作成をおすすめします。誰でも使える無料テンプレートもご用意しましたので、ぜひ訪日客向けペルソナを作成してみてください。
つづきを読む
自社の商品や観光地を海外に売りこむためにインスタグラムが便利な11の理由

自社の商品や観光地を海外に売りこむためにインスタグラムが便利な11の理由

  • 2017年4月10日
「海外の人に日本の良さをもっと売りこみたい!」という想いを持っている方に、インスタグラム(インスタ)が便利な11の理由をご紹介します。英語力に自信がなくても利用しやすい、消費が盛んなユーザーが多いなどメリットが多いため「世界に向けて日本の観光地を紹介したい自治体」「自社商品やサービスを海外にPRしたい企業」が利用しやすいSNSなのです。
つづきを読む
知らなくて大丈夫?ハラール対応で重要なこととは?

知らなくて大丈夫?ハラール対応で重要なこととは?

  • 2017年4月3日
「ハラール対応」で重要なこととは? 訪日観光だけでなく、世界全体でもムスリム教徒の観光客が増えてきています。 そのため、ハラール対応をすることで他社との差別化が図れたり、海外へのPRに役立つことがあります。またハラール対応は難しそうだと多くの方がイメージをお持ちですが、ハラール対応は決して難しいものではなく「可能なことからでやっていけばいい」ということをご紹介致しました。
つづきを読む
アメリカ人はどう見ている? – 2017年訪日観光調査を実施しました!

アメリカ人はどう見ている? – 2017年訪日観光調査を実施しました!

  • 2017年3月27日
訪日客の集客や潜在マーケットを探るため、アメリカ人が日本旅行に対して「どのようなイメージを持っているのか」、「日本の観光地の知名度」を独自調査。さらに今回、トランプ大統領の政策が、アメリカ人の海外旅行欲求に影響を及ぼしているかを調査し、結果を公開しています。
つづきを読む
ヨーロッパとの時差が変わりました。- 2017年10月28日まで夏時間のため –

ヨーロッパとの時差が変わりました。- 2017年10月28日まで夏時間のため –

  • 2017年3月26日
ヨーロッパ各国は2017年3月25日から2017年10月28日の深夜までの間、夏時間 (サマータイム)になりました。このため日本との時差は、前日の3月24日までの標準時間(冬時間)に比べて1時間短くなりました。日本とヨーロッパ各国の時差を掲載していますので、お電話のお約束やお仕事の締め切りなどご注意ください。
つづきを読む
「インバウンド観光業界」まとめニュース (2017年3月号)

「インバウンド観光業界」まとめニュース (2017年3月号)

  • 2017年3月20日
インバウンド業界ニュースまとめ:日本政府観光局(JNTO)による、2017年2月の訪日外客数の速報(推定値)の他、宿泊、飲食、交通、言語対応などカテゴリー別に直近1月の「インバウンド観光業界ニュース」や、栃木・群馬・茨城・埼玉(北関東)の「インバウンド関連トピック」をまとめました。
つづきを読む
北米(アメリカ&カナダ)との時差が変わりました。- 2017年11月5日まで夏時間のため –

北米(アメリカ&カナダ)との時差が変わりました。- 2017年11月5日まで夏時間のため –

  • 2017年3月12日
アメリカとカナダの北米は2017年3月12日から2017年11月5日の深夜までの間、夏時間 (サマータイム)になりました。このため日本と北米との時差は、前日の3月11日までの標準時間(冬時間)と比べて1時間短くなりました。日本と北米各都市の時差を掲載していますので、お電話のお約束やお仕事の締め切りなどにご参照ください。
つづきを読む
Back To Top