skip to Main Content
info@japanworldlink.jp
はじめての海外向けライブ動画配信 – Facebookライブとペリスコープの使い方

はじめての海外向けライブ動画配信 – Facebookライブとペリスコープの使い方

前号のブログ「2017年こそ、ライブ動画配信を使って海外にPRしよう!」では、訪日旅行に興味のある観光客や海外のお客様に向けてライブ動画配信を使用するメリットをお伝えしました。また、海外で人気のFacebookライブペリスコープ(Periscope)の2つのライブ動画配信サービスの特徴を紹介しました。

そこで今号は、ライブ動画配信にもっと馴染みをもってもらえるよう、facebookライブとペリスコープの使い方、「海外向け発信」の具体的なアイディアをご紹介します。

訪日外国人旅行客を増やしたい方や海外のお客様に商品やサービスを伝えたい方には、是非参考にしていただけたらと思います。

Facebookライブとペリスコープのはじめ方

Facebookライブとペリスコープを利用するには、それぞれFacebookのアカウントTwitterのアカウントが必要になります。お持ちでない場合には、まずそちらのアカウントを作成してください。

次にスマートフォンを開き、Facebookライブを使用したい場合はFacebookのアプリ (iOS, android)、ペリスコープを使用したい場合はペリスコープのアプリ(iOS, android)をダウンロードしてください。

海外向けライブ動画配信

Facebookライブの使い方

ステップ1

Facebookを開くと左下に「投稿(Publish)」のアイコンがあるので、通常の投稿と同様にそこをクリックしてください。

海外向けライブ動画配信Facebookライブの使い方 1-1

ペリスコープの使い方

ステップ1

初めてペリスコープを利用する場合、Twitterボタンをクリックし、Twitterアカウントのログイン情報を入力してください。

海外向けライブ動画配信Periscopeの使い方2-1

ステップ2

下にあるオプションのうち「ライブ配信を開始 (Live video)」を選んでください。

海外向けライブ動画配信 Facebookライブ の使い方 1-2

ステップ2

最下部にあるオプションのうち「カメラアイコン」を選んでください。

海外向けライブ動画配信Periscopeの使い方2-2

ステップ3

ライブ動画の説明 (Describe your live video…) 」にタイトル(説明)を記入後、「ライブ配信 (Go Live)」をクリックするとライブ動画配信が始まります。

*気に入らない場合には、終了後削除することも可能です。

海外向けライブ動画配信Facebookライブの使い方1-3
ヒント:最初の1,2回練習したい場合は、上の画面のロゴの右にある公開設定を自分だけ (Only Me)にして、他の誰にも見れない様にすることもできます。

ステップ3

「What are you seeing now?」の場所に、タイトル (説明) を記入後、最下部にある「Go Live」をクリックすると、ライブ動画配信が始まります。

*気に入らない場合には、終了後削除することも可能です。

海外向けライブ動画配信Periscopeの使い方2-3
ヒント①:公開設定は公開の他、プライベートなグループのみに配信することができます。アカウント設立当初はフォロアーがほとんどいないので、間違えを気にせずに練習してみましょう。
ヒント②:初期設定では、24時間後に自動的に削除される設定になっておりますので、24時間で削除されない様にするためには、ライブ動画配信後に動画を選び、変更する必要があります。

インバウンド誘客にとって参考になるライブ動画配信

ライブ動画配信は、海外から日本を訪れたいと思っている外国人旅行客に自分たちの地域、施設などを見せるのに便利な海外発信ツールです。

前号のブログでもご紹介しましたが、英語が苦手でも使いやすいというメリットがあります。そこで、参考になりそうなライブ動画配信(収録)を集めましたので、ぜひご参考になってみてください。

観光地・地域の紹介例  (音声無し)

ナレーションは一切無く、映像のみのライブ動画配信です。しゃべりはきついな…と思われた方は、この様な方法で始める方法もあります。

海外のスキー場

ギリシャ・アテネの様子

在日外国人による日本の観光地紹介

日本に住む外国人が、日本を紹介している例です。

自分の地域に住む外国人やALTの先生に協力してもらうのも一つの方法でしょう。

日本人による日本の紹介

英語が少し話せるなら、下の配信の様にご自分で発信してみる方法があります。

*決して完璧に英語を話す必要はありません。気軽にチャレンジしてみましょう!

弊社のライブ動画配信の一例

弊社でもライブ動画配信を使用していますので、下に一例を掲載しております。

左側は、許可をいただいてチームラボの展示の中を歩きまわって写しました(音声なし)。この様に歩き回るだけでもコンテンツになったりします。

右側は、日光江戸村の様子です。

海外進出企業にとって参考になるライブ動画配信

ライブ動画配信は海外にモノやサービスを販売する海外展開企業にとっても簡単に利用できるツールです。

工場見学

海外あるいは国内に工場や施設がある場合には、中を案内してみてはいかがでしょうか。

下は、アメリカのウクレレ工場(左)とろうそく工場(右)の工場見学を配信した例です。

新商品紹介

ライブ動画配信は、商品の紹介プレゼンテーションの配信など、いろいろなシーンにも使えます。

左側は、新しい家具の紹介。右側は、展示会での商品プレゼンテーションの配信です。

まとめ

今号のブログでは、前号「2017年こそ、ライブ動画配信を使って海外にPRしよう!」の続編として、Facebookライブとペリスコープの使い方や具体的な利用アイディアをご紹介しました。

「2016年英語圏SNSトレンド大分析!」でも触れましたが、2017年はライブ動画配信の閲覧や利用が増加すると予想されていますので、海外に向けた宣伝にとってライブ動画配信は重要なツールとなります。

弊社では、ライブ動画配信のコンサルティングやトレーニングもしています。

ライブ動画配信を始めてみたいけど「いきなりは一人でやるのはちょっと不安…」「トレーニングをして欲しい」などご要望がございましたら、ぜひ弊社ジャパン・ワールド・リンクまで、お気軽にご相談ください。

ブログ作成者:宮地アンガス

ジャパン・ワールド・リンク代表。栃木県の田舎町育ち。現在英国・ロンドンを拠点として「世界から北関東へ。北関東から世界へ。」をモットーに、日本・北関東のインバウンド及び海外進出を支援中。

毎週月曜日に希望者全員に無料メルマガを発行(詳細はこちら)。

Back To Top